本文へスキップ

大型ガータ橋は、基本と延長キットで好みの長さにできます。

電話でのお問い合わせはTEL.0545-34-1375

〒417-0847 静岡県富士市比奈682-1

大型ガータ橋

大型ガータ橋の作成方法

以下のパーツに歩廊(キャットウォーク)用の取り付け備品を
貼り付けます。(※歩廊を取り付けない場合は工作不要です)
中央に突起のあるものはフレキシブルレールの簡易固定用の
突起です。気になる方はカットしてください。
また、橋の端に取り付けるパーツは片面のみに接着します。
(端は歩廊を取り付ける必要がないため)
取り付けの向きに注意してください。端の片側のみに歩廊を
取り付けるため十分注意してください。


以下のように箱状に作成します。


中間にリブを取り付けます。基本セットは以下を2つ作ります。
※基本セットのみの場合は背中合わせに使用するため歩廊のパーツ
を使用する場合、向きに十分注意して作成してください。
・一番端(角が丸い側)は歩廊用パーツは不要です。
・歩廊が片側のみです。向きに注意してください。


以下は延長セットの場合です。

箱状にします。

以下のように作成します。
リブも取り付けます。

以下は基本セットの接続です。
※延長部分がある場合は同様に接続します。


接続部分は以下のパーツで接続し補強します。

プレートガータの上部に以下のパーツを接着します。
裏側も同様に以下のパーツを接着します。


端の部分は丸めて接着します。

歩廊作成を選択した場合、以下のように歩廊を接着します。